Two Photographers: ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー


ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー
二人の写真家
Two Photographers:
Robert Capa Centennial / Gerda Taro Retrospective

先日、横浜美術館にこちらの展覧会を見に行って来ました。

報道写真家として5つの戦争を取材し、現場の"真実"を捉え続けたロバート・キャパ。
また、女性発の報道写真家といわれ、26歳で取材中の戦地にて命を落とした
キャパの恋人、ゲルダ・タロー。

元々ふたりは、同じ「ロバート・キャパ」という名前を共通で使っていました。
(知らなかったなー)
そのいきさつや写真の違い、またその後の二人の道を、
圧倒的な量の写真たちと共に感じられる展示会です。

「共和国軍兵士、コルドバ戦線、スペイン」横浜美術館蔵 ©ICP / Magnum photos

通称「崩れ落ちる兵士」として、キャパの名前を世界に知らしめているこの1枚。
その真偽や、作者(タローが撮ったのではないかという節も発表されている)など
当時の政治、戦局をふまえながら「フォト・ジャーナリズムとはなにか」を、
デジタルの時代の今なお考えさせられる ”世紀の1枚”。
写真のもつ、その役割とは、について胸にせまって思考をめぐらせてしまいます。


戦地の人々、市井の人々の内面を捉え続けた、レンズのこちら側にいるカメラマンの人生。
撮る側は写真にうつることはなくとも、その画面に本人が写し出されてしまう
写真そのものの魅力。

(アラーキーこと荒木経惟さんは、「写真とはガラス越しの窓」と言っていました。
 ガラス越しに見る景色には、かすかに自分が写ってしまうという意味で。)


「Dデイ、オマハ・ビーチ、ノルマンディー海岸」横浜美術館蔵 ©ICP / Magnum photos


戦地ではなく、日常やセレブリティを写した写真もたくさんあって、
中でもキャパが来日した際に撮った日本の写真は、とても暖かい視線で。
彼の人柄がにじみ出ているように感じられた。

今、キャパが東京にいたら、どんな写真を撮ったかな?



ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー
二人の写真家

2013/1/26(土)から3/24(日)
休館日 木曜日
開館時間 10:00 - 18:00(入館は17:30まで)
会場 横浜美術館(横浜市西区みなとみらい3−4−1)


展覧会は2時間くらいかかったんだけど、出てから思わずキャパの小説を買ってしまった。
いままだ読み途中だけれど、スリリングで、ウィットに富んでて、
想像がついてなかった当時のリアルな写真家の様子がわかって、たのしいです。


Omake---


ヨコハマいったらやっぱり食べちゃう!

///
2013.Yokohama
0

    BRAND NEW "CICOUTE BAKERY" !!

     


    WEBサイト制作でお世話になっている町田の天然酵母のパン屋さん、
    CICOUTE BAKERY(チクテベーカリー)さんが、3月10日に新店舗をオープンされました。

    場所は京王線南大沢駅より歩いて12、3分ほどの商店街。
    となりに駐車場もあるので、ぐっと訪れやすくなっています。
    新店舗ではコーヒーやジュース類などのドリンクも販売し、イートインも可能。



    プレオープン、オープン当日と、都合がわるく参加できなかったので、
    その後の最初の営業日にいってみました。
    到着すると続々とお店に入っていくお客さんたちに向かい、
    スタッフの方が午前の分の商品が売り切れてしまったと、丁寧に説明しているところ、、

    見渡せば、ものの見事にカラッポのカゴ・カゴ・カゴたちだけが並ぶ店内...

    「わー、なんというバッドタイミング...!」

    と、一瞬ショックをうけたものの、
    しばらくしたら、窯から出て来たばっかりの第2陣が登場し、
    焼き立てが食べらるという幸福に早変わりしたのでした◎

    焼きたてで登場のオートミールのスコーン。割るとゆげが立ちそうなほどホックホク


    パンの売れ行きはその日次第。
    もしもカラッポのカゴ達が並ぶタイミングでお店に入ってしまったならば、
    香ばしい匂いに満ちた店内で、
    ゆっくりコーヒーでも飲みながら焼きたてを待つのもいいかもしれません♪



    CICOUTE BAKERY
    八王子市南大沢3-9-5-101(コーシャハイム南大沢商店街内)
    OPEN:11:30 - 18:00
    CLOSED: MON & TUE
    TEL/FAX: 042-675-3585



    ※これまでの多摩境のショップも「CICOUTE BAKERY TAMASAKAI」 として
    4月にリニューアルオープンするそうです。
    チクテベーカリーの、パンだけはなく、全体をつつむ雰囲気そのものの発祥の地として、
    一度訪れてみるのもいかがでしょうか。



    ///
    2013. Tokyo
    0

      ぼんぼり畑でワークショップ 第1回

       

      3月3日ひなまつり
      ぼんぼり畑でワークショップ 第1回目に参加して来ました!

      高校の同級生がスタートさせたワークショップ。
      農作業の体験と、革を使って自分のものを手作りするというもの。



      ゆず畑を見学したあと、午前中は畑の開墾作業を。



      お昼ご飯を食べて、しばし団らんした後には、革小物の手作りワークショップ。

      今回は眼鏡ケースをつくりました。(みんな眼鏡持ちだったので)
      お見本を見ながら、好きな革の色や形をあらかた決めて、、



      牛一頭分の革から、型紙をつかって切り出します。



      穴をあけたり、縫ったり、いろんなパーツをそれぞれ組み立てて行くと〜〜


      じゃーん。
      これぞ十人十色のできばえ。
      それぞれの個性が出ていて、その違いがとっても楽しい。
      (ちなみにわたしのは手前の焦げ茶のやつ)

      ついその後の夕飯もご馳走になってしまって、なごやかに過ごした一日。
      身体を使うって、たのしいなぁ。

      毎月一回のペースで行うようなので、また予定が合う日には参加してみようと思います◎


      ぼんぼり畑でワークショップ
      次回開催:2013年4月7日(日)

      詳細はこちらのブログにて... まはらんのブログ

      第一回開催報告の記事はこちら


      Omake---


      お昼ご飯はお弁当持参だったのですが、
      ご好意でおかずとお味噌汁をいただいてしまった◎(特大コロッケ超おいしい!)

      ///
      2013.Tokyo
      0

        categories

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << June 2018 >>

        entries

        archives

        links

        profile

        search this site.

        mobile

        qrcode

        others