Enjoy!! Melancholic Tokyo !! Vol.1

 

秋ですね。気分はメランコリック。
(ちょっと口に出してみたい単語なので、書いてみた。)

そんなメランコリーな気分に酔いたい、とある秋の日に
どっちかというとかなりワクワクとこちらの展示にいきました。

東京をタダで楽しんじゃおうの会、はじまり!(いま名付けた)


ルイ・ヴィトン主宰
Timeless Muses(時を超えるミューズたち)

東京ステーションホテルで開催されていたルイ・ヴィトンによる展示
(23日で終了しました)



特別なデジタル技術によって、めがねを通してしか浮き上がらない映像を使用した
新しい形のエキシビジョン。

ヴィトン製の仮面を手に、時代を彩ってきたミューズたちの個性を覗く。

ケイト・モス、ソフィア・コッポラ、カトリーヌ・ドヌーブほか、
時代に影響を与えてきた、自由な生き方が魅力的な6名の女性が取り上げられています。
それぞれの個性、、おもしろかったです。

肉眼では見えないモノグラムの模様。実は床にはうつっているというフシギ!

個人的にはフランソワーズ・サガンの豪快さにびっくり。
自分のラッキーナンバーでギャンブルしまくり、豪邸買ったりすっからかんになったり、
また友達の誕生日にはヴィトンのバックをばらまいていたという。
まるで下町芸人のお師匠さんだろ!と、言いたい程の気風の良さ。
かっこいいじゃないか。

サガン直筆のノート。「悲しみよこんにちは」もう一度読んでみよう。

マーク・クインが製作したケイト・モスの像。ヨガかな。。


花も格子柄で配置されていた。

シャルロット・ペリアンがフィーチャーされたエリアは
ちょっとしたカフェにもなっていました。


彼女が設計した「水の家」のミニチュア。

刺激のシャワーをうけました。とっても楽しかったです。

せっかくなので、帰りに新宿にも降り立って、別の展示会にも行ってみました。

ということで、つづく。。




0

    コメント
    コメントする








       

    categories

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>

    entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    others