Impossible Dream - 星を捕まえる旅

 

12月22日
数ヶ月前より楽しみにしていた、星を捕まえる旅に参加☆

イベント概要========
望遠鏡工作、宇宙シミュレータ、夜の大観望会と宇宙を巡る旅を静岡の函南町にあるkurubushi-baseというギャラリーで開催します。
季節の星空から100億光年先の果てまで、縦横無尽に宇宙を語り尽くします。童心に戻って、天体望遠鏡を片手に空を見上げ、その先に想いをはせてみましょう。
宇宙ついて素朴な疑問から専門的なことまでなにをぶつけてもなんでも答えてくれる先生を天文学普及プロジェクト「天プラ」からお招きします。

◯日時
12月22日 15時〜20時頃(講師:内藤誠一郎)
12月23日 15時〜20時頃(講師:日下部 展彦)

◯場所
kurubushi-base
静岡県田方郡函南町丹那315-1
http://www.kurubushi-works.net/
==============



まずは望遠鏡作りから。
材料は段ボールの筒と、紙、三脚にとりつける部分のネジ穴のあいた木片、
そして対物レンズと接眼レンズ。
これをセロテープやボンドで組み立てる。

対物レンズの直径は4cm
これでガリレオ・ガリレイが望遠鏡より、ちょっとよく見えるとのこと。



↑対物レンズ(写真だと見にくいけれど2種類のレンズが合わさっている)


↑こちらは持ち込まれていた本格的な望遠鏡!かっこいいなぁ


望遠鏡ができたら、プロジェクターで講義の時間。
今見える星空、星座や月の話、フリーソフトMITAKAをつかった宇宙の話。

壮大な宇宙の旅へ。



↑夜空は88個の星座が、地図の様に区切られているのだ!



このあとはいよいよ望遠鏡で夜空の星を捕まえに!
しかしこの日惜しむらくは、天候が曇り。

皆がなんとなくあきらめかけていた時「晴れた!!」との声がかかり、
急いで外へ行けばぽっかり空いた雲間から木星とオリオン座がのぞいていたのでした☆

大きな望遠鏡で、木星の縞模様と4つの衛生を確認したときには
ゾワリと感動した感動が!


夜中には月も顔をだしたので、みんなが作った望遠鏡で拝顔◎
クレーターに手が届きそうだったなぁ。


たくさんの質問にもわかりやすく答えてくださって、興味深い話を沢山聞けて
本当にたのしかった。
季節毎に見える空が変わるので、また開催されるかと思われます。
次は望遠鏡越しの写真を撮ってみたいなぁ。(タイミングが合わずに撮れなかった)
また参加しようっと!


そして天プラさんのグッズも、また別の楽しさが、、、


ゆるいイラストと超詳しい解説のついた「あすとろカルタ」をはじめ、
星の一生を解説しているトイレットペーパー(写真下)や、
ハンドタオル、シュシュ、etc...
またこの日は見られなかったけれど、女子用のタイツまであるらしい◎(ほしい!)



そんな天プラさんの活動は下記WEBサイトより確認できます。
(都内でも活躍していらっしゃいます)


Links...

天プラ... http://www.tenpla.net


Omake...


いただいた「宇宙図」ポスターには10年かけても理解しきれないだろう
宇宙のひみつがぎっちりと!!
トイレの壁に貼りましょう(笑)
(左のテキスタイルは中学校のときの課題で作ったもの。
この頃から宇宙に魅せられていたワタクシ、、今年は久しぶりに宇宙に想いを馳せました)


///
2012. Dec. Kannami
0

    コメント
    コメントする








       

    categories

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>

    entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    others