Life in beauty -William Morris-

 

ずっといくタイミングを探していて、
本日いってきました


ウィリアム・モリス
美しい暮らし―ステンドグラス・壁紙・テキスタイル


ウィリアム・モリスは19世紀イギリスを代表する詩人、思想家であり
またその後(現代までつづく)デザインの世界に多大なる影響を与えた
デザイナー、工芸家です。

19世紀のイギリスと言えば産業革命ですが、
大量生産、大量消費を通じて人々の暮らしには大量の粗悪品が溢れるようになりました。
これに反発したモリスは、丁寧な手仕事から生まれる美しさを
暮らしの中に取り入れようと尽力していくのです。


...あれ?
この内容、、なんだか現代のわたしたちにも当てはまるような気がします。


そんなことを考えながら、モリスが生んだ数々の美しい紋様を眺めていると
これらに囲まれた日々は、さぞ豊かな時間が流れるだろうなー
なんて、うっとり夢想してしまいました☆


図版も買ったので、載せたかったのですが
サクッとググッていただくだけでも、モリスのすてきなお仕事がわんさか見られますし
本屋さんにもいくつかの書籍が出ているみたいなので、割愛!
(まあ撮り忘れです)


会場の最後に、ハンコでお遊びできるコーナーもありました。
手仕事の楽しさ、すこし味わえます◎
最近は、写真を撮ってばかりだったけど、久しぶりに絵を描きたくなったなー。



ウィリアム・モリス
美しい暮らし―ステンドグラス・壁紙・テキスタイル

会期:2013年9月14日(土)から12月1日(日)まで
場所:府中市美術館

府中駅から「ちゅうバス」でいくと便利でした!
なんと100円◎


0

    Asakusa Engei Hall

     

    テケテンツクテン♪

    念願の浅草演芸ホールへ落語を聞きにいきました。【※学割アリ】
    夜の部の始まりに遅れてしまったけど、途中から入れます。

    土曜日のせいもあってか結構なにぎわい。
    なんだか懐かしいニオイがします。(旅館みたいな!)

    撮影は禁止です!うっかり撮ってしまった!載せてるし!

    初めてなので、最初はお二階へ。後半、仲入りという休憩時間に一階に移動。
    売店もしまっていたので、途中おなかがぐーぐー鳴ってしまったけれど、
    結局真打ちまで夢中で観ていました。

    提灯のならぶ場内、落語家さんの繰り出す話に、情景がどんどん引き出される。
    落語の合間にある、モノマネやマジック、ギター漫談や曲芸なんかも、
    ふと場を和ませてくれて、良いリズムで時が過ぎていきました。

    あのライブ感はたまらないな!

    特に真打ちの柳家権太楼さんは、本人が本人に見えなくなってくる程の演技で、
    ...とにかく凄かった!

    「芸人たるや!」というものを見せていただきました。

    今度はおにぎり持って行ってみたいです。




    Omake ------


    浅草寺の提灯が、絵だったんだよねー。
    修復中とのことです。これも珍しい光景!ぜひチェックを☆

    0

      Enjoy!! Melancholic Tokyo !! Vol.2


      つづき。

      バーニーズニューヨーク新宿店9階の普段はVIPルームで開催中。

      SUPER BARNEYS PHOTO EXHIVITION

      バーニーズニューヨークが写真家のレスリー・キーとコラボレーションした写真展。
      新宿、横浜、神戸店で開催とのこと。

      人生の輝く瞬間=「STAGE」 というテーマでの撮りおろし。 

      今が旬のセレブリティたち、文化人、アイドル、デザイナーなどが
      各人のインタビュー付きで見応えもありました。
      超新星お目当ての、若い女の子たちの姿も多かったです。

      個人的には、撮影時のメイキングビデオが面白かったな。



      9/18 WED.-9/29 SUN. 新宿店 9F
      10/5 SAT.-10/14 MON. 横浜店 6F
      11月予定 神戸店


      バーニーズニューヨークをあとにしてJR新宿駅へと足を向けると
      目の前に現れるのは、GUCCIの旗艦店。



      その3階にあるギャラリースペースでは

      全動説 - Meoncentric theory

      という、伊勢谷友介氏が代表を務めるREBIRTH PROJECTとコラボレーションした
      展示がありました。

      ちょっぴりスペーシーなコンテンポラリー・アートという空間。
      たまたま人もあまりいなくて、クルクル見てたら気持ち良かった◎



      こちらは10月14日まで。



      秋になり、数々の展示企画、アートイベントがはじまります。
      これぞTOKYO!とうなりたくなるような、面白いものばかり。

      個人的に、今月は写真展をあちこちみたいです。まだまだ楽しむぞ!


      0

        categories

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << September 2018 >>

        entries

        archives

        links

        profile

        search this site.

        mobile

        qrcode

        others